エンディングノート|おすすめの作り方を解説

query_builder 2023/01/24
コラム
25401527_s

自分の人生を考え、終活が注目されるようになりました。

少子高齢化が進み、自分の最後の場面を迎えたときに残された人が困らないよう、さまざまな準備をするようになったのです。


終活のひとつとしてエンディングノートがあります。家族や知人・友人に伝えたいこと。希望などもまとめておくのがエンディングノートです。


終活としても重要な意味を持ってくるため、おすすめの作り方を解説していきます。



エンディングノートとは

エンディングノートは、なにか決まった形があるわけではありません。

それどころか、好きなことを書いて残せるのがエンディングノートのポイントです。もう少し掘り下げていきましょう。


エンディングノートと遺言書の違い

エンディングノートというと、遺言書と勘違いしている人も多くみられます。

いろいろな違いがありますが、大きな点は法的強制力です。遺言書の目的は遺産相続などにあります。だれが遺産を相続するか。その内容を記すことが多いため、法的に定められた作り方が必要です。


エンディングノートには法的強制力がありません。なにを書いても構いませんが、それが叶えられるともいえないのです。この違いが重要になります。


違う側面から見ると、遺言書は亡くなったのちのことを書きます。

つまり、死後を想定しているのに対し、エンディングノートは死後にこだわらなくても問題ありません。生きている間に伝えたいことでも構わないわけです。

決められた内容もありませんので、自分が書き残したいことを好きなように書けばいいというのは、エンディングノートの大きなポイントになるでしょう。


エンディングノートを書く意味とは

エンディングノートを書く意味としては、自分の思いを伝えるほかに、残された家族の負担軽減があります。

残された家族は、将来において辛い思いをするかもしれません。葬儀などの準備の負担も出てくるでしょう。そんなときに自分の思いを書いておけば、負担を軽減できるかもしれません。これも可能性でしかありませんが、なにもしなかったことで後悔するよりいいはずです。


また、改めて言葉として整理すると、経済状況の把握や今後の人生にも向き合えます。自分自身を棚卸して整理することで、これからの生き方を見つめ直すきっかけにもなるでしょう。



エンディングノートの作り方

実際にエンディングノートを作ろうと思ったときに、なにから始めたらいいのでしょうか。どのような作り方をすると分かりやすく残せるか解説していきます。


エンディングノートを作るための素材

エンディングノートを書き残すためにはノートが必要です。基本的にはどんなノートでも構いませんが、自分が書きたいことを書きやすいものを選ぶようにしましょう。


現在では、専用のノートも販売されるようになりました。

市販のエンディングノートを選ぶ際におすすめなのは、ページ数が少ないものを選ぶことです。

「よし、エンディングノートを書こう!」と決意しても、ページ数が多いと書くことが大変になり途中で辞めてしまうケースが多いためです。

市販されているエンディングノートはテーマごとに項目があり、それに合わせて記入できるので、作り方がピンとこない人にも向いています。


エンディングノートに書いておきたい項目

エンディングノートの作り方は自由です。どんなことを書いても構いません。だからこそ、残しておきたいことを整理することが大切です。


一般的にエンディングノートに書いておきたい項目としては、


・自分史などの情報
・遺言書の有無

・預貯金の話

・不動産に関すること

・株式などの有価証券や投資

・保険のこと

・デジタル資産の情報

・ローンやサブスクリプションの話

・葬儀や埋葬方法の希望

・連絡先

・残されるペットについて

・家族に対して


などがあります。あくまでも一例ですが、生前に残しておかなければいけない情報がたくさん出てきました。それぞれの項目をどのようにまとめるべきか見ていきましょう。


自分史などの情報

自分の基本的な情報です。どこで生まれたのか、自分の歴史を書いてみるのもエンディングノートの作り方として一般的になりました。趣味や好きなものなども書いておくのもいいでしょう。振り返ってみると、これからの生活の整理もできます。


遺言書の有無

遺言書を別に書いている場合、どこにあるのか存在を示しておくことが大切です。残された家族が遺言書の存在を知らないと、のちに大騒ぎするかもしれません。どこに保管したのか、内容ではなく、あるのかないのかはっきりさせることが大切です。


預貯金の話

預貯金の額も大切ですが、それ以上に、どの口座を使っているかが大切です。存在を知らないままになるケースもあるため、どの金融機関を使っているかはっきりさせておくといいでしょう。


不動産に関すること

所有している不動産についてまとめておきましょう。あとから固定資産税を請求されるケースも出てくるため、はっきりと書き残しておくと安心です。調べられるようにするだけでも違いが出ます。


株式などの有価証券や投資

株式などの存在もあとから判明するケースが多くみられます。遺産相続にもつながるため、どのような資産を持っているかを書き記しておくといいでしょう。投資に関する情報も大切です。


保険のこと

保険の情報も大切で、自分が亡くなったあとに利用できる可能性が出てきます。葬儀の費用を工面できる場合もありますが、知らないと請求できずに終わるかもしれません。やはり遺産相続に関係してくるため、存在を明記しておくだけで残された人の経済的負担が変わります。


デジタル資産の情報

現在大きな問題になってきたのが、デジタル資産のIDやパスワードの存在です。パソコンやスマートフォンを使うのが一般的になりましたが、本人以外はIDやパスワードがわからないようになっています。自分が亡くなったあとに操作できない可能性も出てくるため、エンディングノートに残しておくと安心です。


↓デジタル資産について詳しくはこちらの記事をどうぞ

デジタル遺品とは?探し方や整理の方法について


ローンやサブスクリプションの話

支払に関する情報も自分以外にはわからないことが大半です。情報を残しておかないと対応できない可能性が出てきます。特にサブスクリプションは自動決済される可能性があるため、どのようなものを契約しているか、解約に必要なIDなどとともに記載しておくといいでしょう。


葬儀や埋葬方法の希望

自分が希望する方向性です。葬儀や埋葬に関する希望は、生前に伝えておかなければ、手配できないかもしれません。エンディングノートに記しておけば、対応しやすくなります。


連絡先

自分が連絡してほしいところを残しておきます。家族が知らない人もいるかもしれないため、はっきりと名前と電話番号やメールアドレスを書いておくと確実です。


残されるペットについて

ペットといえども、一緒に生活していれば家族と変わりません。ペットの生活環境など、家族が知らないこともたくさんあるはずですので、細かく書き記して残しておくといいでしょう。かかっている病気や病院、薬の情報、えさの好みなどいろいろと出てくるはずです。


家族に対して

エンディングノートには、さまざまなことが書けますが、家族に対する感謝など面と向かって言いにくいことも残せておけます。メッセージとして残しておきたいこと。自分で振り返ってみて伝えたいことを書いておくといいでしょう。



まとめ

エンディングノートには、自由にどんなことでも書き記せます。なにも縛りはありませんが、残しておけばよかったと後悔するなら、常日頃メモのように書き連ねていくのも方法です。


また、残される家族が困らないためにもエンディングノートは必要です。葬儀や不動産のことなど、自分の意向を伝えることもできます。


作る時期や作り方に決まりはありませんが、早く始めたほうが後悔しないのも確かです。

難しそうに考えがちですが、自分の残したいことを残せばいいと思えば、すぐにでも始められるでしょう。その行動こそが、エンディングノートの作り方として大切なことなのです。





お片付けでお困りの方は「オカタシ!」にご相談ください!


生前整理の一環として、身の回りの荷物を整理するお手伝いをしております。


・生前整理で部屋をスッキリさせたいけど物が多くて大変

・引越しのために部屋を片付けないといけないけどなかなか進まない

・手が付けられないほどお部屋がゴミだらけになってしまって困っている


このようなお悩みを低価格&スピーディーに解決いたします!


「オカタシ!」では、不用品の回収や買取、ゴミの処分、お部屋の清掃まで、様々なご依頼に柔軟に対応できる技術がございます。

お客様ひとりひとりのご希望をしっかりとお伺いし、お部屋の広さや状態に適したプランをご提案しておりますので、お気軽にお問い合わせください。



< オカタシ!の特徴 >

①買取が得意

不用品の中で買い取ることができるものはお買取し、お客様の負担を少しでも減らすことができればと考えております。

家具や家電だけではなく、品物によりますがプラモデルや本、レコードなども買取可能です。その他も買取可能な品はすべて買取させていただきます。


②クレジットカード・分割払い可能

多彩なお支払い方法をご用意しております。

・現金払い

・銀行振込

・クレジットカード

・スマホ決済

※クレジットカードをお持ちでないお客様も分割払いが可能です!緊急でお支払いにお困りの場合はお気軽にご相談ください。


③幅広いサービス内容で一社完結対応

    不用品回収からご自宅の清掃まで、まとめてご依頼いただけます。

また、不動産業者・弁護士・税理士・司法書士など幅広い専門家と連携しておりますので、不動産売却や相続のことなど、様々なお悩みに柔軟に対応いたします。


④24時間365日お問い合わせ受付

いつでもお気軽にご連絡ください! お問い合わせはこちら


⑤ご相談・お見積もり無料

ご相談・お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

相見積もりも歓迎です!他社より高い場合はご相談ください。


⑥法人様も利用可能

倉庫や店舗の撤去でお悩みの方はまずご相談ください。

現地調査の結果やご希望をお伺いし、最適な価格・プランをご提案いたします。法人のお客様はこちら

NEW

  • 2/15「お寺とzoomで聞く、介護・終活セミナー」開催のお知らせ

    query_builder 2023/02/07
  • 【実例紹介】書斎の遺品整理と畳の張り替え

    query_builder 2023/02/06
  • 遺品を捨てることに罪悪感を感じてしまう理由と対処方法

    query_builder 2023/02/02
  • 亡くなった親の家の片付け方について

    query_builder 2023/01/31
  • エンディングノート|おすすめの作り方を解説

    query_builder 2023/01/24

CATEGORY

ARCHIVE